ホットヨガは効果なし?通う頻度と期間で何キロ痩せるか教えます

ホットヨガの効果は実際どうなのでしょうか?

「ホットヨガは効果なし」と言う意見も多いですが…。でも普通のヨガと比べてホットヨガの方が効果があって痩せそうだし…、という思いもあるでしょう。

ホットヨガに通う頻度・期間でどれくらい痩せられるのか、その目安を解説します。

ホットヨガは効果なし?痩せるの?

「普通のヨガよりホットヨガの方が何となく痩せそう。」と何となく思っていませんか?

実際、ホットヨガは効果なしと言える部分もあるし、効果があると言える部分もあります。要するに、ホットヨガに特別な効果を求めると騙されるということですね。

「ホットヨガは効果なし」と言える部分が何かと言えば、ホットヨガの「ホット」の部分です。逆に効果がある部分は、「ヨガ」の部分です。

ホットヨガは暑い室温(39度前後)で汗をかきやすい湿度(60%前後)に調整されたスタジオ内で行う、サウナ状態のヨガのことです。

多量の汗をかきながらヨガを行うので、代謝が活発になって痩せやすい体質を築けるというのがホットヨガの宣伝文句ですね。

ここでサウナのダイエット効果について考えてみましょう。

痩せるためにサウナで汗を流す人もいると思いますが、サウナって痩せると思いますか?

回答を言えば、サウナで汗をかいても痩せません。

汗をかくという行為は、カロリーをほぼ消費しません。暑い室内で多量に汗をかいてもエネルギー代謝が上がらないから全くカロリーを消費しないのです。

逆に言うと、凍えるような寒い気温に体を置いた方が痩せます。冷えた体を温めるため、体が熱エネルギーを消費するからですね。

寒い環境に体を長い間さらせば、体が適応して体温を上げようとする機能が発達します。これは、基礎代謝が上がったとも言い換えれられます。

寒い環境はダイエットにプラスに働くけど、暑い環境はダイエットとってプラスには働かないのです。

もう理解できましたよね。

そう、ホットヨガで汗をかいても痩せはしないので、わざわざ暑い高湿度の環境でやる必要はないのです。

では、ホットヨガの痩せる部分は何なのでしょうか?

それは、普通のヨガとして体を動かす部分です。

ヨガの消費カロリーは1時間当たり94.5kcal(体重60キロの場合)ですが、これがホットヨガのダイエット効果そのものになります。

一例として、ホットヨガで3キロ痩せる場合の、ホットヨガに通うべき頻度と期間について解説します。

ホットヨガに通う頻度と期間

ホットヨガスタジオのワンレッスンを1時間と想定した場合、ワンレッスン当たりの消費カロリーは94.5kcalになります。

これを体脂肪1キロ分のカロリー(7200kcal)で割れば、体重を1キロ落とすために必要な運動時間を求めることができます。

ホットヨガを76時間(76レッスン)やれば体重が1キロ落ちますね。

もし週5回の頻度でホットヨガに通うなら、必要な期間は15週間(3ヶ月半)です。

3キロ痩せたいなら228レッスンが必要なので、週5回の頻度で45週間(11ヶ月半)ほどホットヨガに通えば目標を達成できます。

ホットヨガと他の運動の効果を比較

ホットヨガのダイエット効果(消費カロリー)は、他の運動と比べれば効果が低い部類に入ります。ホットヨガと他の運動の消費カロリーを比較してみます。


・ホットヨガ…94.5kcal
・ストレッチ…94.5kcal
・子どもと歩く…94.5kcal
・スクーターに乗る…94.5kcal

・掃除機で掃除…157.5kcal

・速歩…176.4kcal
・エアロビクス…346.5kcal
・ジョギング…378kcal

・クロール(ゆっくり)…441kcal
・平泳ぎ…567kcal

※1時間当たり、体重60キロの場合


消費カロリーの観点で考えるなら、ホットヨガでなくウォーキングをしてもよいわけですね。

興味深いのが、スクーターに乗るのとホットヨガの消費カロリーが同じことです。スクーターやバイクでのツーリングが趣味なら、趣味がダイエットになりそうです。

また、掃除機で掃除をするのは、ヨガの約1.7倍の消費カロリーです。

料理や洗濯もそこそこカロリーを消費するので、ダイエット目的ならホットヨガでなく家事でもよさそうですね。

もし私がダイエットで絶対に結果を出そうとするなら、ホットヨガではなく水泳をします。水泳の方が明らかに痩せるからです。

また、お金を一切かけたくないのなら、速歩をするでしょう。

ただ、ホットヨガスタジオで仲間を作って楽しくやるなら、それはそれでありでしょう。